*

クマ、むくみ…冷えは目元に現れる

公開日: : 最終更新日:2017/09/13 目元のシミ・シワ・たるみ, 美肌メソッド

 

こんにちは!エステティシャン 冨永雅代です。
DSC_4055[1]

冬になると、季節の空気感を反映したような、げっそり疲れた表情に驚くことがあります。寒さでお肌の代謝が落ちてハリがなくなり、口元が下がる事が原因の一つ。さらにもう一か所、冷えが色濃く出てくるのが目元。くすみとたるみが同時に出ると何歳も年を取った印象に・・。

人に会う機会が増えるこれからの年末~年始、明るく若々しい印象を保つための目元ケアについてお話します。

冷えた目元の特徴

目元は皮膚が薄いので、外気の影響がダイレクトに内部に伝わります。加齢により代謝機能の落ちた肌は回復がスムーズに進みません。血流の滞りが表皮に透けて見えやすい部分です。お肌は身体のディスプレイで体内の状態と密接に結びついていますが、特に表情があり、神経が反映されやすいお顔、特に目元はすぐに影響が表れます。

血行不良によるくま

睡眠不足でもないのに、青黒いクマが出てきてずっと消えない・・・これは血行不良が原因です。目の周りには、非常に細く繊細な毛細血管が複雑に集まっています。寒さですぐに血流が滞るのはもちろん、その細さから詰まったり切れやすく、1度抱えたトラブルは自然放置ではなかなか改善しないのです。

むくみから発生するたるみ

寒いと血流だけでなく、水分・老廃物の流れも停滞してきます。すると、足や顔がむくんできます。

目元のむくみというと、上まぶたがパンパンに腫れたような状態を想像しますが、怖いのは下まぶたのむくみです。たまった水分や老廃物の重みが目元全体の皮膚をひっぱり、たるみを生むからです。

げっそり目元の改善法

目元の血流を改善するマッサージ

まずは外からの刺戟(マッサージ)で直接的にたまった老廃物を流し、血流を助けましょう。とても簡単なのでぜひ取り入れてみてください。
参考⇒目のクマに効く!エステティシャンが教えるてんてんマッサージ

体を温める

血流は全身が関わるものなので、部分的・表面的に温めても効果は限定的で効果はあまり意味はありません。高たんぱくの食事と適度な運動で筋肉を保つことで冷えない体づくり。そして、入浴などで全身を温めることを習慣になさってください。

参考⇒冷えは克服できます。簡単で美肌効果も抜群。3つの見直しポイント

ただし、目元を直接温める製品の利用はあまりおすすめしません。低温火傷を起こしやすく、また、繊細な目元の皮膚にダメージを与える危険が高いのでご注意ください。

参考⇒蒸しタオルで顔を温めるのは危険です。

積極的に水分をとる

寒くなると自然に飲み物をとる回数が減ってしまいます。一方で体のめぐりが停滞して不要な水分が体の中に貯めこまれてしまいます。

これを防ぐため、定期的に新鮮な水分を体に入れるようにしましょう。寒いからと温かいコーヒーばかり飲んでいたり、飲み会でアルコールを大量に飲んでいませんか?これらの飲み物は水分の吸収が悪いので、これで水分をとった気にならないようご注意ください。

鉄分を補給する

日本人女性は隠れ貧血(貧血と診断されなくても鉄欠乏)の方が非常に多く、血液にあるヘモグロビンが少なければ酸素の運搬も滞り、当然血流も悪くなってきます。

コラーゲンの材料、強度のもとにもなる鉄分の不足は、お肌をたるみやすくしますので、目元のクマがたるみの影なのか、青みなのかわからないような状態の方は鉄欠乏性貧血を疑い、積極的に動物性の鉄分を補ってください。

参考⇒貧血と便秘は共犯関係。下剤に頼る前に鉄分を見直しましょう。
※便秘をテーマにしていますが、貧血が引き起こす症状や改善方法について詳しく書いています。

取り返しがつかない目元は大切に!

繰り返し申し上げてきましたが、目元は弱く、毛細血管も一度崩れると改善が非常に困難なため、トラブルが深刻になる前に手を打つこと予防のケアが何より大切です。

寒さで目元が刺激にさらされやすい冬は、特に注意してお肌の状態をチェックしていただき、上記対策を早めになさってください。

目元のトラブルが出てしまい、なかなか改善できない、というお悩みがございましたら、早々にご相談くだされば、何か良い方法をご案内できるかもしれません。

toiawase

この記事を書いた人

冨永雅代
1971年3月24日生まれ AB型  美容歴25年、大阪本町のフェイシャル専門サロン エステティックトミナガ オーナーエステティシャン。一人ひとりのお肌に向き合い最適なアドバイスとケアを行う、オーダメイドスタイルを追求。お客様のお肌に触れてきた経験から培った、実践的な美容情報を発信。インターネットショップ エクレイズムにて、オリジナル化粧品を販売。エステ&マッサージ、クラシックバレエと牛肉をこよなく愛する。2児(男)の母でもある。

詳しいプロフィールはこちら

関連記事

紫外線 ガードする事だけに必死になっていませんか? 夜のリセットケアしていますか?

こんにちは!エステティシャン 冨永 雅代です♪ 最近エステティックにお越しになるお客さまと

記事を読む

忘れがちな冬のデコルテケア

こんにちは!エステティシャン冨永雅代です。 今年は暖冬と言われていましたが、2月に入り、さ

記事を読む

頑張り過ぎるあなたへ。雨の日の不調は諦めることから・・

こんにちは!エステティシャン 冨永です。 女性は月経の周期もあり、気持ちや体調が、嵐の

記事を読む

お化粧品の使用量は効果に最も直結します。

こんにちは!エステティシャン冨永雅代です。 「おすすめいただいたお化粧品、使っているの

記事を読む

落とすケアはスキンケアの大切なファーストステップ

こんにちは!エステティシャン 冨永雅代です。 年齢とともに乾燥しやすくなると、"スキンケア"=

記事を読む

保水

『保水』でお肌内部の水切れを防ぎましょう。『保湿』だけでは乾燥します。

こんにちは。エステティシャン 冨永雅代です。 空気がとても乾燥していて、お肌もパサパサ

記事を読む

蒸しタオルで顔を温めるのは危険です。

こんにちは!エステティシャン 冨永雅代です。 美容家電のスチーマーや、ホットクレンジングな

記事を読む

成分だけで化粧品は語れない

メイン成分だけでお化粧品の効果は判断できません。

こんにちは。エステティシャン 冨永雅代です。 ビタミンC,ヒアルロン酸、セラミド…

記事を読む

セラミドで紫外線をブロック!夏を乗り切る強い肌を手に入れる!

こんにちは!エステティシャン冨永雅代です。 さわやかな初夏ですが、湿気と日差しの強さが日毎に増

記事を読む

夏休みのスキンケア

お盆休みに注意したいスキンケアまとめ

こんにちは!エステティシャン冨永雅代です。 もうすぐお盆。帰省や夏休みの旅行で普段と違

記事を読む


◆冨永 雅代の美肌メソッド 人気記事◆
◎イライラ&キレる、不安、身体が痛い。その体調不良は糖質が原因かも?糖質制限!肌と体のヘルシー&ビューティーのために

◎スキンケアまとめ お化粧品アイテムの用途について

◎エステティシャンの悩み。集客・技術・売り上げが上がらない。自宅・個人サロンの方へ。
no image
デイクリーム 9/24発送 カウンセリングについて

こんにちは!エステティシャン冨永雅代です。 長らくお待

no image
免疫力を下げない様に気をつける事

こんにちは。エステティシャン 冨永 雅代です。 健康の

no image
プロテインブーム 安価な製品で、腸が不健康に?

こんにちは!エステティシャン 冨永 雅代です。 プロテ

no image
筋トレ、運動で免疫力は下がる腸内環境とアミノ酸グルタミンとの関係

こんにちは!エステティシャン冨永 雅代です。 もう、1

no image
関節の痛み、肌のたるみ、ヒアルロン酸の減少…

こんにちは!エステティシャン冨永雅代です。 美容成分ヒ

→もっと見る

PAGE TOP ↑